株式会社小池建材は、発想と行動を大切に考え、リサイクル製品の開発と新技術を発信します。

サイトマップ

文字サイズ
標準
拡大

042-660-0515(代)

流動化処理土 ~打設方法~

概要

場所 株式会社小池建材 流動化処理土プラントから各現場へ
施工 2011年4月28日
工事概要

詳細

株式会社小池建材 流動化処理土プラントから各現場へ。

 

流動化処理土は固化する特性があるため季節間で違いはありますが運搬時間を60~90分以内に定め出荷しています。

 

弊社では流動化処理土運搬にタンク車を使用しております。4t・8t・10tタンク車があり、それぞれ車両の後方にコックがついています。そこに4インチのサクションホースをつなぎ、ダンプアップの自然流下で打設していきます。

サクションホースにつきましては弊社よりお持ちいたします。5m・7mまで対応可能です。ホースの打設が困難な場所に関してはコンクリートポンプ車を使用してください※写真は8tタンク車

8t車

打設

 

 

 

 

  

 

ホースを打設する場所まで伸ばしていき打設。ホースが振れる可能性があるので手元作業員の方に手伝ってもらいます。また、流動性が非常に高いので小さな隙間に入り込んでいきます。型枠など打設前にしっかり養生してから 使用してください。

打設(2)

打設(3)

 

 

 

 

 

 

 流動化処理土はオーダーをいただいてから製造しております。急なオーダーには対応できない場合がありますので余裕持っての注文をお願いいたします。

また、当日のキャンセル、車両がプラントを出てからの中止はキャンセル料が発生してしまいますのでご了承下さい。

       

 

 

 

 

 

 

 

    ページトップへ戻る

    株式会社 小池建材 東京都八王子市大谷町481番地
    Copyright © 2010 Koikekenzai. All Rights Reserved.
    • Get ADOBE READER
    • Get ADOBE FLASH PLAYER